ふるさと田舎まつり実行委員会組織について

 

物 語・・・

 

 2010年に(社)栗山青年会議所が企画・立案し、農業従事者「農協青年部」と商工関係者「JC」の協働を目的とした「くりやまマルシェ」を開催いたしました。来場者僅か1000人程の小さなイベントとなりましたが、これが現在の「ふるさと田舎まつり」の前身となったのでした。その後、2012年に栗山青年会議所の賛助会員であられる栗山英樹氏が「北海道日本ハムファイターズ」の監督に就任。同年より栗山監督の多大なるご厚誼により「栗山監督杯争奪!うまいもんGP」の記念すべき第1回が開催され3800人まで来場者は拡大しました。北海道三富屋㈱「くりやまコロッケ」が見事初代グランプリを受賞し、栗山町のみならず北海道空知管内を代表とする特産品ブランドの布石となりました。その後、2014年秋に、北海道日本ハムファイターズ球団様より「北海道スマイルキャラバン」の栗山開催の進呈を頂戴し、くりやまマルシェを踏襲したかたちとして行われました。その際に、奇しくも多くの関係団体と共催することが可能となり、「くりやまマルシェ」の趣旨目的であった「協働」の精神が広く伝播され、「くりやま老舗まつり」での開催を打診をいただき2015年「くりやま春マルシェ」開催へとつながりました。

 来場者数30000人を優に超える「老舗まつり」での開催を経て、改めて趣旨目的を再検討し、今後の地域の課題を鑑みて「一市四町による広域連携の促進とつながり」を促進するよう、もっとコンセプチュアルで、もっと泥臭く地域に根付いた「地方(ローカル)の創造」を再設定しました。観光資源の発信や、地域と地域、ひととひととのつながりの有機的な連携を促し、民間主導による地域経済の繁栄を主眼に今後も、多くの共感と賛同を獲得しながら実行委員会を運営していきます。

 

歴 史・・・

  • 2010年 くりやまマルシェ開催〈社団法人栗山青年会議所単独主催)
  • 2011年 第2回くりやまマルシェ開催(実行委員会主催)
  • 2012年 くりやまマルシェ2012開催(実行委員会主催)
  • 同   年  第1回「栗山監督杯争奪!うまいもんGP」
  • 2013年 くりやまマルシェ2013開催(実行委員会主催)くりやまマルシェホームページ開設
  • 同   年  第2回「栗山監督杯争奪!うまいもんGP」
  • 2014年 くりやまマルシェ2014(北海道日本ハムファイターズスマイルキャラバン内)開催(実行委員会主催)
  • 同   年  第3回「栗山監督杯争奪!うまいもんGP」
  • 2015年 くりやま春マルシェ開催(老舗まつり内)/くりやま夏マルシェ開催(実行委員会主催)
  • 同   年  第4回「栗山監督杯争奪!うまいもんGP」
  • 2016年 ふるさと田舎まつり2016(実行委員会主催)
  • 同   年  第5回「栗山監督杯争奪!うまいもんGP」
  • 2017年 ふるさと田舎まつり2017(実行委員会主催)
  • 同   年  第6回「栗山監督杯争奪!うまいもんGP」
  • 2018年 ふるさと田舎まつり2018(実行委員会主催)
  • 同   年  第7回「栗山監督杯争奪!うまいもんGP」

 

 

  • 学生地域定着推進広域連携協議会(大学生ボランティア)
  • 栗山青年会議所OB(有志)
  • 一般有志
  • その他

  • 栗山町
  • 栗山観光協会
  • 由仁町
  • 由仁町観光協会
  • 長沼町
  • 長沼町観光協会
  • 南幌町
  • 南幌町観光協会
  • 夕張市

  • 税理士法人ひまわり
  • 松下商店
  • 松原産業株式会社
  • オークランド製造本部株式会社
  • 株式会社石田鉄工所
  • 株式会社インテリアイガラシ
  • 有限会社山崎建設
  • 有限会社椛沢鉄工所
  • 有限会社栗山交通
  • くりやま旅館
  • 朝日産業株式会社
  • 国耕産業有限会社
  • 有限会社池野建設
  • モックシステム有限会社
  • 有限会社利国商店
  • クラブ葵
  • スナックK
  • 山本家具建具店
  • 株式会社クローバーホーム
  • 農猿
  • 一般社団法人夕張再生の会
  • 有限会社住建興業
  • システム技建
  • OTO-MAU
  • 株式会社中島エレキ
  • 有限会社中村協進農場

※順不同


※順不同